わし鼻は魅力あふれる個性だと考えましょう

顔の悩みやコンプレックスは誰しもが持っているはずです。最近では美容整形で骨格から自在に変えることが可能です。ただ美容整形をするにはある程度お金がかかります。化粧の仕方を変えることである程度は変えることはできますし、周りの人は本人が思うほどには気にしていないかもしれません。何よりもそれが個性であり、その人の魅力になっている場合もあります。美容整形が手軽に行なわれるようになった時代とはいえせっかくの生まれ持った顔なのですから、まずはお金をかけずに自分なりにコンプレックスを解消できる方法を探してみましょう。そのコンプレックスを逆手にとって効果的に魅せる方法だってあるでしょう。女優やモデルなどの中にも自分と良く似た形のパーツを持つ人はきっといるはずです。

鼻のタイプ、わし鼻とはどういう形か

鷲のくちばしのような形の鼻をわし鼻と言います。鼻を横から見た時に、鼻筋の中央部分が出っ張った鼻です。鼻筋の中央の骨と軟骨が高く盛り上がっているため、真横から見ると輪郭がまっすぐではなく前に向かってふっくらとふくらんだカーブになります。修正手術をする場合はその中央部分の盛り上がった骨と軟骨を切り取ったり削り取ることになります。たしかにその度合いが強すぎると魔女の鼻のような雰囲気で意地悪そうに見えてしまうこともあるでしょう。高すぎて目立ったりごつい印象になってしまうというデメリットもあります。ただ、逆に妖艶な魅力が出てくる場合もありますし、横から見たフォルムが美しいと思う人も。ツンデレ系・小悪魔系の魅力が出てくるのがわし鼻の良いところなのでしょう。

美容整形であえてわし鼻にする場合も

最近ではモデルや歌手などの中にもわし鼻の方も多く、あえて美容整形でわし鼻にする人もいます。単にヒアルロン酸注射を注入するだけでは難しいのでシリコンを入れることで厚みを作るという施術法になります。極度のわし鼻は魔女鼻となりマイナスイメージですが、軽いわし鼻だと美人度がアップするのです。とはいえ、モデルさんなどは他のパーツも美しいから全体的に美人に見えるのであって鼻の整形だけで理想の形ができるとは限りません。そのことは知った上で整形を検討するようにしましょう。わし鼻になりたくない人もいればなりたい人もいる、そんな人によって好みが分かれる鼻なのです。最近、わし鼻のタレントが増えてきたのはハーフやクウォーターが増えたから。白人系の魅力に惹かれる人に人気です。