わし鼻で悩んでいる方へのおすすめ情報

鼻の形は顔の中心にあるパーツということもあり非常に印象に残るものです。鼻が低かったり、団子鼻やわし鼻というのはコンプレックスになりやすい形でもあります。特にわし鼻は、横から見た時のシルエットも気になるので、コンプレックスになりやすい形でもあります。わし鼻の原因は鼻の中央部分の骨の出っ張りが考えられます。骨格の問題なので、自分での修正はほとんど不可能に近いものです。わし鼻で悩んでいる人は、美容整形手術を検討してみたほうが良いでしょう。美容整形手術であれば、切開を伴う手術からプチ整形まで、症状や仕上がりの状態によって選択することが出来ます。無料でカウンセリングを行っているクリニックも多くあるので、気になる人は相談をしてみて検討しましょう。

切開が不要な注射でのわし鼻修正

美容整形手術において、もっとも手軽に行える手術が注射によるものです。わし鼻修正においても、注射での手術が可能です。わし鼻修正には、ヒアルロン酸の注入が向いています。鼻筋で出っ張っている部分の周囲にヒアルロン酸を注入することによって、全体高さを出して骨の出っ張りを目立たなくします。全体的に鼻筋が高くなることでキレイなラインに修正することが出来ます。メスを使わない手術となるので、手術跡が残ってしまうという心配もありません。また注射だけなので、手術後のダウンタイムもほとんど必要ないというのが魅力的です。しかしヒアルロン酸は時間とともに体内に吸収されてしまうので、徐々に効果が薄れてしまうというデメリットがあります。定期的にメンテナンスに通う必要があります。

効果を継続するためには切開手術

手術をしたあとに、メンテナンスに通うことが面倒であったり、効果をずっと持続させたいという人には、切開手術が向いています。代表的な手術としては、鼻筋の出っ張っている部分の骨を切除して平らに修正する方法です。ハンプ切除とよばれる手術方法で、鼻の穴の中を切開して行うケースが多いです。そのため傷跡が目立ちにくいというメリットがありますが、医師の技術力が高くないと仕上がりの状態がきれいにならないというデメリットもあります。また手術後には腫れや内出血が現れます。症状が落ち着くまでは激しい運動や熱いお風呂への入浴などは、症状を悪化させてしまう可能性があるので避けたほうが良いでしょう。症状がひくまでは目立つので、出来るだけ自宅で安静に過ごせるようにスケジュール調節を行いましょう。