どうしてもわし鼻を直したい方へ

わし鼻とは、横から見た時に鼻筋に出っ張った部分があり、鼻先が下を向いた状態の形の鼻のことを言います。わしのくちばしのような形をしていることから、わし鼻と呼ばれていて、ごつごつとした雰囲気になるので、男っぽい雰囲気となってしまったり、冷たい印象を与えてしまいがちになってしまいます。わし鼻の修正には骨格の修正などが必要となります。自力での修正は非常に難しいものなので、専門のクリニックでの処置が必要になります。美容整形手術に置いては、もとの状態や希望しいている仕上がりの状態によっても手術の方法は異なるので、担当医ときちんとカウンセリングを行い、最適な方法で手術を行うことが大切です。手術におけるメリット・デメリットもきちんと知ることも大切です。

代表的なハンプ切除手術について

わし鼻の美容整形手術の代表的な手術方法としてハンプ切除という手術があります。これは、鼻筋で出っ張ってしまっている部分の骨を切除して、まっすぐなきれいな鼻筋に修正する手術方法です。ハンプ切除は、鼻の穴の中の一部を切開して、そこから器具を通して鼻筋の出っ張り部分の切除を行います。手術を行うことで、わし鼻の症状が改善されるというメリットがあります。骨を切除するので後戻りなどの心配がないという点も特徴です。しかし、皮膚の切開と骨の切除が行われるので、ダウンタイムが長期間必要となったり、ダウンタイム中には腫れや赤みが強く出やすくなります。ダウンタイムも長期間必要となるので。しっかりとスケジュール調節を行う必要があります。また未熟な医師の場合傷跡が残る可能性もあります。

プチ整形によるわし鼻の修正について

わし鼻を修正したいけれど、切開手術には不安があるという人には、注射によるプチ整形での修正方法がおすすめです。わし鼻の特徴である骨の出っ張りを目立たなくするために、周辺部分にヒアルロン酸の注入を注射で行います。これによって、周辺の皮膚の高さが高くなるので、出っ張り部分が気にならなくなるという効果があります。注射による手術となるので傷跡が残る心配もありません。費用も切開手術よりも安く済ませることが出来るので、初めての手術の人でも安心して行うことができます。しかし、ヒアルロン酸は時間とともに体内に吸収されてしまうので、時間が経つと効果が軽減してしまうというリスクがあります。定期的なメンテナンスが必要となるので、こまめに通院して修正を行う必要があります。