わし鼻で悩んでいる方へのアドバイスを教えます

わし鼻とは、横から見た時に、鼻の中央部分が出っ張っていたり、鼻先がとがって下がって見えるような状態のことを言います。魔女のような鼻の形なので、魔女鼻とよばれることもあり、良い印象を持たないという人も多いです。わし鼻をコンプレックスに感じている人も多くいます。特に鼻の形は顔の中心にあるものなので、顔全体のイメージを決めるポイントにもなります。わし鼻の原因の多くは、骨格にあります。鼻に通っている骨が出ていることも多く、コンプレックスの解消には骨格の修正が必要となります。最も簡単に修正できる方法が美容整形手術です。美容整形手術において、わし鼻を改善するための手術内容や、手術のメリット・デメリットを知ることで、コンプレックス解消の方法として検討できるでしょう。

わし鼻を改善する美容整形手術とは

わし鼻を改善するための美容整形手術の方法は、いくつかあります。もっとも効果的で代表的な手術が、出っ張っている部分の骨を切除する方法です。鼻の穴を切開して行うクリニックも多く傷跡が目立ちにくいものです。出っ張りが少ない場合には、周囲にヒアルロン酸を注入したりして、全体的に高さを高くすることで、出っ張っている骨を目立たなくする方法もあります。ヒアルロン酸の注入で効果が得られない場合には、プロテーゼの挿入などによってきれいなラインを作る方法もあります。鼻筋を平らにした場合に、下向きの鼻先が気になったり、小鼻の大きさが気になることもあるので、全体のバランスをみて整えていくことが大切です。バランスが気になるようであれば、他の部位も同時に修正すると良いでしょう。

わし鼻修正手術のメリットデメリット

わし鼻修正手術は、手術の方法によってもメリット・デメリットが異なります。最も代表的な出っ張っている骨を削る方法の場合、しっかりとした効果が得られ、さらに手術後に元に戻ってしまうなどの心配がないというメリットがあります。しかし、技術力の低い医師による手術になると、骨の切除がきれいにされずに理想的な鼻筋にならなったり、切開手術となるのでダウンタイムが長期間必要になるというデメリットがあります。ダウンタイムがほとんど必要ないのが、ヒアルロン酸注入です。しかし、効果が薄かったり後戻りのリスクがあります。プロテーゼの挿入は、挿入位置が適切でないと不自然な仕上がりになってしまうというリスクもあります。手術を行う医師の技術力が非常に大切なので、医師選びを慎重に行いましょう。